• HOME
  • センター概要
  • 学術活動・個人の業績

学術活動・個人の業績

岸 和史(きし かずし)学術業績
2016
International meeting 国際学会(国際会議, 国際招請講演)
  1. Kazushi Kishi. Special Lecture. Gel Spacer: including an overview of spacers and experiences in our facilities, Radiation Oncology Seminar (Organized by Shangfan Health Co.), Hotel Pullman Shanghai Skyway, 15 Da Pu Road, Huangpu District Shanghai., 2016.1.16. Shanghai. (招請特別講演)
  2. Kazushi Kishi. Special Lecture. Radiotherapy and Immunotherapy, Radiation Oncology Seminar (Organized by Shangfan Health Co.), Hotel Pullman Shanghai Skyway, 15 Da Pu Road, Huangpu District Shanghai., 2016.1.16. Shanghai. (招請特別講演)
Symposium, Lecturesシンポジウム・学術講演等
  1. Kazushi Kishi. Hyperbaric oxygen therapy promotes healing and health, a review., The IIIrd Japan-Russian International Conference «Socially Significant Human Diseases, Medical, environmental and technical problems and their solutions. Conference Hall (3rd Fl.) in Tokachi Rehabilitation Center, Hokuto Social Medical Corporation, 2016.6.4, Obihiro, Japan
Domestic in Japan,  Major meetings 全国学会・招請講演
  1. 岸和史, 相川剛介、宮本顕彦、加藤徳史 高田直行、澤田貴宏、芝本雄太、園村哲郎、鎌田一. ゲルスペーサー 概要と自施設の経験. 和歌山県立医科大学腫瘍センター講演会, 和歌山県立医科大学臨床講堂2、2016.5.19 和歌山市 (招請講演)
  2. 岸和史, 相川剛介、宮本顕彦、加藤徳史 高田直行、澤田貴宏、芝本雄太、園村哲郎、鎌田一.札幌医科大学附属病院 臨床教育研究棟1F「講堂」 札幌市中央区南 1 条西 16 丁.海馬回避全脳定位照射, :シンポジウム 5 「高精度緩和照射」第29回高精度放射線外部照射部会学術大会、一橋大学一橋講堂 2F 中会議場3+4(第2会場) 2016.2.27, 東京
  3. 岸和史, 特別講演 トモセラピーの使用経験、第46回北海道放射線治療研究会、札幌医科大学附属病院 臨床教育研究棟1F「講堂」     札幌市中央区南 1 条西 16 丁、20169.3, 札幌市
Domestic in Japan,  Local meetings 地方会
そのほかの講演会, ランチョンセミナー 座長など
  1. 岸和史. 高気圧酸素治療は治癒と健康を促進する. ミラプロ本社役員会議室、(〒408-0111 山梨県北杜市須玉町穴平1100 電話: 0551-42-5111)ミラプロ社講演会、山梨。
  2. 岸和史, セッション5、Dosimetry of Electron Beams、Physics and Dosimetry of Brachytherapy.第 37 回夏季放射線腫瘍学セミナー, ホテルエミナース (http://www.k-eminence.com/) 〒610-1143 京都府京都市西京区大原野東境谷町 2−4, 2016.8.27, 京都
科学研究費
平成28年度厚生労働省科研委託費事業、H28-革的がん-一般-036、研究分担者  (Japanese FDA’s grant)
配分機関名 厚生労働省
制度名 厚生労働科学研究費補助金
事業名 革新的がん医療実用化研究事業(委託事業)
公募名 集学的治療の有効性や安全性の向上をめざした研究(26270801)
課題ID 14524000
応募課題名 トレーサビリティの確保された線源と画像誘導を利用した高線量率小線源治療の標準化と高度化の研究
研究機関名 独立行政法人国立がん研究センター
部局名 中央病院
研究代表者名 伊丹 純

2015
International meeting 国際学会(国際会議, 国際招請講演)
1. Kazuhsi Kishi. Gel Spacer, for Particle Therapy “Next Generation Particle Therapy Next Generation Particle Therapy”, (文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン,日本学術振興会 先端研究拠点事業 「医学物理研究教育拠点の形成,文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン, 日本学術振興会 先端研究拠点事業 「医学物理研究教育拠点の形成」)グランフロント大阪, 2015年8月11日,大阪
Symposium, Lecturesシンポジウム・学術講演等
1. William Regme, Michael Chuong, Hirohiko Tsujii, Romaine Nicole, Kazushi Kishi. PTCOG challenging liver cases.(ディべートセッション副座長・講演)  PTCOG2015 (Annual scientific meeting of particle therapy cooperative group), 2015.5,22, San Diego
2. Kazushi Kishi, Gel Spacer, for Particle Therapy, Radiation Oncology Seminar, Ramada Hotel, 2015.1.30. Shanghai
Domestic in Japan,  Major meetings 全国学会・招請講演
1. 岸 和史. ゲルスペーサーの研究と臨床応用、それまでに支えてくれた素晴らしい人達。第74回 日本医学放射線学会 女性放射線腫瘍医の会 特別講演 みなとみらい 国立大ホール、2015.4.19 横浜
Domestic in Japan,  Local meetings 地方会
1. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史 高田直行、鎌田一. 十二指腸を安全な場所に移動させるIVR ー根治放射線治療を可能にするー第63回 北海道血管造影IVR研究会、北海道大学 学術交流会館、平成27年2月14日(土)、札幌。
2014
Kishi K, Morita N, terada T, Sato M, Sonomura T, Physiological interpretations of radiographic findings on malformations of small veins: seriality of cisterns, communications to systemic veins and relationship to muscles Phlebology February 2014 vol. 29no. 1 9-15 (この論文の電子版は10.1258/phleb.2012.011137、で2012に出ています。

Acute Appendicitis with Intestinal Malrotation: The Usefulness of Coronal Computed Tomography
Tetsuo Sonomura1), Takao Koyama1), Seigo Ishii2), Taizo Takeuchi1), Hiroki Sanda1), Kouhei Nakata1), Motoki Nakai1), Hiroki Minamiguchi1), Kazushi Kishi1), Morio Sato1)
1) Department of Radiology, Wakayama Medical University, Japan 2) Department of Radiology, Kishiwada Tokushukai Hospital, Japan  http://doi.org/10.2169/internalmedicine.53.1755

N-Butyl Cyanoacrylate Embolization with Blood Flow Control of an Arterioportal Shunt That Developed after Radiofrequency Ablation of Hepatocellular Carcinoma
Korean J Radiol. 2014 Mar-Apr;15(2):250-253. English.
Published online March 07, 2014.  http://dx.doi.org/10.3348/kjr.2014.15.2.250
Tetsuo Sonomura, MD, PhD, 1 Nobuyuki Kawai, MD, PhD,1 Kazushi Kishi, MD, PhD,1 Akira Ikoma, MD, PhD,1 Hiroki Sanda, MD,1 Kouhei Nakata, MD, PhD,1 Hiroki Minamiguchi, MD, PhD,1 Motoki Nakai, MD, PhD,1 Seiki Hosokawa,1 Hideyuki Tamai, MD, PhD,2 and Morio Sato, MD, PhD1
 
Selective conformal radiotherapy for arteriovenous malformation involving the spinal cord
© The British Institute of Radiology
K Kishi, MDPhD1, , , S Shirai, MD1, , T Sonomura, MD2, , and M Sato, MD1
1Department of Radiology, Wakayama Medical University (WMU), Kimiidera 811-1, Wakayama City, 641-0012 and 2Department of Radiology, Kishiwada Tokushukai Hospital, Japan
DOI: http://dx.doi.org/10.1259/bjr/50653404

Usefulness of mini-tracheostomy and torque controlled insertion of applicator in fractionated endobronchial brachytherapy
© The British Institute of Radiology
K Kishi, MDPhD, , , T Yoshimasu, MDPhD, , , S Shirai, MD, , Y Minakata, MDPhD, , , M Kimura, MDPhD, , , T Sonomura, MDPhD, , , Y Shioyama, and M Sato, MDPhD, ,
DOI: http://dx.doi.org/10.1259/bjr/31613651
International meeting 国際学会(国際会議, 国際招請講演)
  1. Kazushi Kishi: Note on BNCT, Arab Health 2013, Dubai Convention Center, Dubai, 2014 .1.28
  2. Kazushi Kishi, Akihito Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Norihumi Kato, Hajime Kamada, Seiichi Kato, Yuta Shibamoto. Innovative brachytherapy techniques for organ sparing. The 4th annual Conference of Indian Brachytherapy Society, 2014.3.15, New Delhi, Lidia (invited lecture)
  3. Kazushi Kishi. Interventional Radiation Oncology, especially focused on brachytherapy, Training Courses of HDR for Oncology (Day 2) in The first All Chinese Gynecologic Tumor Standard Treatment Training Course(全国首届妇科肿疡规范化総合治疗培训班), Research building, the Third Hospital, Beijin University (北京大学第3医院科研楼). 2014.6.14, Beijin, China (招聘教育講演)
  4. Kazushi Kishi, Akihiko Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Naoyuki Takada, Norihumi Kato, Hajime Kamata, Yuta Shibamoto.  Future Proton Therapy and Hyaluronate Gel Spacer. Conference hall, Scripps Proton Therapy Center, 2014.11.14, San Diego, United States
  5. Kazushi Kishi, Akihiko Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Naoyuki Takada, Norihumi Kato, Hajime Kamata, Yuta Shibamoto.  Future Proton Therapy and Hyaluronate Gel Spacer. China-Japan Cancer therapy and Radiotherapy Progress Forum (中日腫瘍治療和放射線新進展研究会InterContinental hotel 2014.11.22, Fuzhou, China (招聘特別講演)
  6. Kazushi Kishi, Akihiko Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Naoyuki Takada, Norihumi Kato, Hajime Kamata, Yuta Shibamoto.  Advancement of Interventional Brachytherapy (介入近距離放射線治療進展), Conference Room in Radiation Oncology Building, Luzhou Medical University Hospital (泸州医学院付属病院),Luzhou, 2014.11.24,  China. (招聘講義)
Symposium, Lectures シンポジウム・学術講演等
  1. Kazushi Kishi: Note on BNCT, Arab Health 2013, Dubai Convention Center, Dubai, 2014 .1.28
  2. Kazushi Kishi, Akihito Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Norihumi Kato, Hajime Kamada, Seiichi Kato, Yuta Shibamoto. Innovative brachytherapy techniques for organ sparing. The 4th annual Conference of Indian Brachytherapy Society, 2014.3.15, New Delhi, Lidia (invited lecture)
  3. Kazushi Kishi. Interventional Radiation Oncology, especially focused on brachytherapy, Training Courses of HDR for Oncology (Day 2) in The first All Chinese Gynecologic Tumor Standard Treatment Training Course(全国首届妇科肿疡规范化総合治疗培训班), Research building, the Third Hospital, Beijin University (北京大学第3医院科研楼). 2014.6.14, Beijin, China (招聘教育講演)
  4. Kazushi Kishi, Akihiko Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Naoyuki Takada, Norihumi Kato, Hajime Kamata, Yuta Shibamoto.  Future Proton Therapy and Hyaluronate Gel Spacer. Conference hall, Scripps Proton Therapy Center, 2014.11.14, San Diego, United States
  5. Kazushi Kishi, Akihiko Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Naoyuki Takada, Norihumi Kato, Hajime Kamata, Yuta Shibamoto.  Future Proton Therapy and Hyaluronate Gel Spacer. China-Japan Cancer therapy and Radiotherapy Progress Forum (中日腫瘍治療和放射線新進展研究会InterContinental hotel  2014.11.22, Fuzhou, China (招聘特別講演)
  6. Kazushi Kishi, Akihiko Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Naoyuki Takada, Norihumi Kato, Hajime Kamata, Yuta Shibamoto.  Advancement of Interventional Brachytherapy (介入近距離放射線治療進展), Conference Room in Radiation Oncology Building, Luzhou Medical University Hospital (泸州医学院付属病院),Luzhou, 2014.11.24,  China. (招聘講義)
Domestic in Japan,  Major meetings 全国学会
  1. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、芝本雄太. 前立腺癌に対するトモセラピーIGRT/IMRTの直腸障害回避のためのゲルスペーサー注入による線量低減効果の評価 日本高精度放射線外部照射研究会2014.2.22千代田区学術総合センター、東京
  2. Kazushi Kishi, Akihito Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Norihumi Kato, Hajime Kamada, Seiichi Kato, Yuta Shibamoto, Naoyuki Takada. A Brief Review on Spacer Gel Injection, one of the new IVR technique, to save organs at risk in radiotherapy. 2014.4.12, 第73回日本医学放射線学会総会、横浜
  3. Kazushi Kishi, Akihito Miyamoto, Shuhei Takeuchi, Norihumi Kato, Hajime Kamada, Seiichi Kato, Yuta Shibamoto, Naoyuki Takada. Rectal dose reduction with a spacer gel in tomotherapy IMRT/IGRT for prostate cancer. 2014.4.13, 第73回日本医学放射線学会総会、横浜 (Silver Medal Cypos Silver Medal 受賞)
  4. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、園村哲郎, 芝本雄太. IVR空間形成術による放射線治療の安全な線量増加:前立腺. 第43回日本IVR学会総会、2013.6.5 なら100年会館・ホテル日航奈良、奈良市
Domestic in Japan,  Local meetings 地方会
  1. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史 高田直行 鎌田一。 デノンビエール膜へのスペーサー注入:放射線治療のためのIVR 第61回北海道血管造影インターベンショナルラジオロジー研究会 2014年2月15日、北海道大学学術交流会館、札幌市。
  2. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、芝本雄太. 放射線治療時の経皮的食道移動術の効果:2例での効果: 標的腫瘍の盾となった食道を解放する 第130 回日本医学放射線学会北日本地方会・第75回日本核医学会北日本地方会, 2014,10,24, 艮陵会館会館、仙台
  3. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、芝本雄太. 食道の位置を動かすIVRの方法と活用:標的腫瘍の盾となった食道を解放する -標的腫瘍の盾となった食道を解放する- 第21回和歌山悪性腫瘍研究会、和歌山JAビル2Fなごみホール 平成26年12月13日(土)、和歌山市
  4. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、芝本雄太. 食道の位置を動かすIVRの方法と活用:標的腫瘍の盾となった食道を解放する 第62回北海道血管造影インターベンショナルラジオロジー研究会 2014年8月30日、北海道大学学術交流会館、札幌市。
  5. 岸 和史、宮本 顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、芝本雄太. 十二指腸を安全な場所に移動させるIVR ー根治放射線治療を可能にするー 第63回北海道血管造影インターベンショナルラジオロジー研究会 2015年2月14日、北海道大学学術交流会館、札幌市。
Others その他(研究会等)
  1. 岸 和史. 頭部癌からの転移性脊椎腫瘍への根治的線量照射後のFDG取り込みの再上昇症例の検討. 北斗クリニカルカンファレンス. 大会議室、北斗病院、2014.5.13、帯広
  2. 岸 和史. 同時重複癌ケースで胃がんの手術後に急速に増大した頭頸部癌のこれまでの治療方針と今後の観察管理方針について. 北斗クリニカルカンファレンス. 大会議室、北斗病院、2014.5.13、帯広
  3. 岸 和史. 脳転移への照射後13か月での再発(or PP)に対する放射線治療40Gy後の神経障害の原因の鑑別と治療方法について. 北斗クリニカルカンファレンス. 大会議室、北斗病院、2014.5.13、帯広
  4. 岸 和史. 前立腺癌の放射線治療の合併症1.晩期障害:直腸出血の発生と管理. 北斗クリニカルカンファレンス. 大会議室、北斗病院、2014.5.13、帯広
  5. 岸 和史. 前立腺癌の放射線治療の合併症2.勃起不能症例の報告. 北斗クリニカルカンファレンス. 大会議室、北斗病院、2014.5.13、帯広
  6. 岸 和史. 乳がん腰椎転移に脊髄を外して照射したあと2年して全身の進行とともに同部位の脊柱管のなかにも再発した症例. 北斗クリニカルカンファレンス. 大会議室、北斗病院、2014.5.13、帯広
  7. 岸 和史、 宮本顕彦、武内周平、加藤徳史、高田直行、鎌田一、園村哲郎、芝本雄太. 前立腺癌に対するトモセラピーIGRT・IMRTの直腸障害回避のためのゲルスペー サー注入による線量低減効果の評価. 第15回北斗学会 2014.5.10 十勝リハビリテーションセンター3F大会議室、帯広市、★(優秀賞受賞)
  8. 岸 和史. 放射線治療の立場から、平成26年第1回「市民のためのがんペプチドワクチンの会」講演会(がん治療の夜明け –あきらめないがん治療- )、十勝リハビリテーションセンター、市民のためのがんペプチドワクチンの会、帯広、北海道、2014.7.26
  9. 岸 和史. アンケート集計と解説、平成26年第1回「市民のためのがんペプチドワクチンの会」講演会(がん治療の夜明け –あきらめないがん治療- )、十勝リハビリテーションセンター、市民のためのがんペプチドワクチンの会、帯広、北海道、2014.7.26
  10. 小坂育代、岸 和史(原作)、藤井裕也(校閲)、田中健(朗読とケーナ演奏) 朗読劇「笑顔」、平成26年第1回「市民のためのがんペプチドワクチンの会」講演会(がん治療の夜明け –あきらめないがん治療- )、十勝リハビリテーションセンター、市民のためのがんペプチドワクチンの会、帯広、北海道、2014.7.26