トモセラピー

tomo.jpg
トモセラピー Tomotherapy
当院では新鋭の放射線治療装置であるトモセラピーシリーズ最上位機のTomoHDA system(Accuray)を設置しました。最新型のトモセラピーHDとしては国内13台目です。
トモセラピーの機能的特徴 - 1.CT-画像誘導照射, CT-IGRT
トモセラピーは画像誘導放射線治療と強度変調放射線治療(image guided radiotheraoy-intensity modified radiotherapy: IGRT-IMRT)が一体となった専用機です。X線CT装置と放射線治療装置が効率よく一体となった構造であり、毎回の照射の直前にCT画像を撮り、 標的の位置を画像で捉えて正確な照射を実行します。このように画像でガイドする一連の方法をイメージガイド放射線治療:IGRT)と呼びます。トモセラピーはX線写真のように周囲の骨だけで位置合わせをするのではなく、CTにより中の標的そのものに対して位置合わせをするため最も直接的で正確なIGRTシステムです。
トモセラピーの機能的特徴 - 2.強度変調放射線治療,IMRT
トモセラピーのもう一つの特徴は強度変調放射線治療(intensity modified radiotherapy, IMRT)です。これは細かなビーム(ビームレット)を照射する位置ごとに様々な形に打ち分けて照射する方法です。様々な放射線ビームが重なることで標的に入る放射線の強度には濃淡がつきます。このため強度変調放射線治療と呼びます。トモセラピーの素晴らしいのは、照射装置がらせん状状に回転しながら、超高速でビームレットの形を変えながら照射するため、大変多くの照射位置から正確なIMRTを行えることです。一つの計画でビームレットの数が1万を超えることもあります。同じIMRT機でもビームレット数が100台の機械もあります。トモセラピーは最も進化したIMRTのための高級機といえます。従来の2次元、3次元、あるいは他のIMRT、他のIGRT-IMRTの治療装置が及ばない精緻で美しい線量の分布(治療計画)を提供します。
正常組織を温存し、標的に高線量を与える放射線治療計画が可能
これらの機能を最大限に活用した放射線治療計画トモプラン(Tomoplan)によって、正常組織への線量を抑え、がんに多くの線量を集中させることができます。
一回の治療時間について
トモセラピーの一回の治療にかかる時間は、治療範囲や治療部位によって異なります。毎回のCTの撮影と確認を含めて、一か所およそ20分が標準目安です。通常、入院は必要ありません。
主な対象疾患について
悪性腫瘍 原発性・転移性問わず 頭頸部がん、前立腺がん、乳がん、脳腫瘍、肺がん、肝臓がん、胆管がん、直腸がん、胃がん、膵臓がん、膀胱がん、悪性リンパ腫、骨髄腫、転移性骨腫瘍 等
良性腫瘍 脳脊髄動静脈奇形 等